温かい人に見せたいときのパーソナルカラー

異性からだけでなく温かい人は誰からでも好かれるでしょう。そのようなときに使えるのが暖色系のパーソナルカラーです。寒色系と比べて赤、ピンク、オレンジ、黄色の部屋にいるときは寒さを感じないと言うデータもあるのですよ。からだの温かさはこころにも影響するのでぜひ取り入れましょう。
あざやかな色がぴったりのスプリングタイプ
スプリングタイプがぴったりな暖色はスカーレット、サーモンピンク、コーラルピンク、にんじん色、アプリコット、ひまわり色です。明るく色鮮やかだけどキツくありません。
黄味がかっているのでより温かみを感じられます。洋服のトップスやボトムスに男性のファッションに積極的に取り入れてもくどくならないので、ぜひ取り入れましょう。
サマータイプはやわらかいイメージ
ディープローズ、ピンク、ローズ、ソフトフクシャ、ウォーターメロン、パステルレモンがサマータイプにはぴったりです。少しぼやけているかなと思うくらいやわらかいイメージがとてもマッチします。
青味がかかっていますが明るいので温かみを感じられます。あざやかさには欠けますが明るさが強いのでやさしいイメージになります。男性でも取り入れやすい色が多いので積極的に取り入れましょう。
落ち着いたイメージのオータムタイプ
オータムタイプがぴったりな暖色はダークトマトレッド、サーモン、ラスト、パンプキン、テラコッタ、マスタードです。エスニック系やアンティーク系など、ひとひねりある色が多いのでファッションをおしゃれに見せるには最適です。
黄味がかっており渋めの色なので抜群の温かみを感じられるでしょう。明るさには欠けますが積極的に使っても派手にならないところが魅力です。男性も取り入れやすく、大人の魅力を引き出せるのでぜひ取り入れましょう。
ウインタータイプははっきりとしたイメージ
トゥルーレッド、アイシーピンク、マゼンタ、フクシャ、ホットピンク、アイシーイエローなどがウインタータイプにはぴったりです。派手すぎる?と思うくらい色の強いもの多いのですがさらりと着こなせてしまいます。
青味が強いのですが発色がいいので温かみを感じられます。強い色でもキツいイメージならないところがウインタータイプです。逆にセクシーさや大人の魅力を引き出せる色なので積極的に使いましょう。
暖色に苦手意識を持っている人は顔周りに集中させて
パーソナルカラーの上手な取り入れ方は顔の近くに色を使うことです。本来、トップスに取り入れればボトムスよりも近くで使えますよね。ところがキライな色を上半身に使いたい人は少ないはずです。
そのようなときはストールやマフラーに暖色のパーソナルカラーを取り入れましょう。こうすることで自分に似合うコーディネイトを楽しむことができますよ。また帽子も同じことが言えます。小さなアイテムですが存在感は大きいので、ぜひ活用しましょう。
人に冷たく見られる、コワいと言われる方はファッションに暖色を取り入れるのがおすすめです。きっとイメージアップにつながるでしょう。