パーソナルカラーを使いこなそう

あなたは、自分に似合う色がどんな色なのか、自信をもって言えますか?第一印象で決まってしまう評価に、あなたの着ている服の色が大きく影響しています。

私たちの日常生活は、あらゆる色彩に囲まれています。しかし、こんなにも多くの色彩環境で暮らしているにもかかわらず、色がもたらしてくれる効果や意味を知らない人が多いようです。特に、日本の男性は、色に対する興味や関心が非常に薄いようです。

物事の有・無、好・嫌、快・不快を決めるとき、私たちは五感を使って感じ、判断しています。個人差にもよりますが、平均値として、視覚87%、聴覚7%、触覚3%、臭覚2%、味覚1%という割合だそうです。つまり、ほぼ視覚で判断しているともいえます。このようなことから、私たちの感覚は視覚に左右されてしまうため、「見た目の印象」で判断していることが多いようです。心理学的に見ても、第一印象の重要性が、いろいろな実験でも明らかにされているそうです。

ミドルエイジための婚活向けカラーアドバイス

婚活においての最重要課題は、第一印象をいかに良く見せられるかだそうです。一般的な傾向として、パーツで相手を判断する男性と違い、女性の場合は、トータルバランスでの判断をしているそうですから、雰囲気を重視したコーディネートを意識することが必要でしょう。そのためには、視覚と心理に大きな影響を与えられる「色」を適切に使うのが、良縁への近道だといえますね。

たいていの人は、自分の好きな色ばかりを身に着けがちですが、必ずしも似合う色でもあるとは限らないのだそうです。色の使い方ひとつで、自分のことを好意的に見てもらえるのだとしたら・・・活用したほうが賢い選択だと思いませんか?

色にはこんな作用も

色とは、光の波長のことでもあります。植物の実が日光に当たることで成熟できるように、私たちの身体は、光によっても健康状態が左右されているのだそうです。色(光)が私たちの身体にどのような影響を及ぼすのかをご紹介します。

夫婦の寝室革命は色にあり

ただ眠るためだけの部屋だった寝室を、夫婦の憩いの空間にしてみませんか?寝室でのんびりと二人で過ごす時間が長い夫婦ほど、円満度も高いのだそうです。ただ、居心地のよい部屋にすることは大切ですが、疲れを取りたいがために、グリーンやブルーなどの寒色系のカラーが氾濫しているのだとしたら、要注意です。

夫婦がリラックスして親密になれる色は、暖色系。特に、セックスカラーと呼ばれている赤・ピンク・紫です。また、照明器具の使い方にも、雰囲気作りのポイントがあります。これらの色と照明器具が持つ心理効果を上手に使いこなすことで、今までのすれ違いがちな関係を修復し、ムード作りにも役立ちます。夫婦円満の秘訣は、寝室から始まるのではないでしょうか。

このように、ほんの少し色を変えることでも、心が安定したり、やる気が起こり仕事の効率をあげられたり、夫婦関係を改善したりすることができるようになるそうです。この機会に、色の持つ性質を取り入れてみてはいかがでしょうか?
他にも寝室でのムード作りに大事なのが匂いです。今流行りのアンチバックのマジックボールなんて見た目も香りもムードを盛り上げるのにきっと一役かってくれるはずです。
公式サイト⇒antibac2K 世界標準「空気洗浄機マジックボール」、日本初上陸

Copyright© 2011 Sample Hotel Tokyo All Rights Reserved.

〒163-8001 東京都新宿区西新宿48-500-11
電話:03-12345-12345(代表) FAX:03-12345-12345