熟睡できる部屋に変えよう

十分な睡眠時間を取っているはずなのに熟睡できなかったり、起床後疲れが残っていることはありませんか。そんな悩みは、寝室のカラーコーディネートを変えると解決できるかもしれません。色は人間の心理状態に大きく作用されます。そして色がもたらす影響を最も受ける時間は睡眠時や睡眠前後といわれているため、寝室の色合いは非常に大事です。今回は安眠しやすい寝室の色を紹介していきます。

色彩感情と色彩象徴

寝室を寝やすい環境にするには、まず色彩感情と色彩象徴を意識することです。色彩感情とは「この色を見ると落ち着く」「この色はソワソワする」といった、色から受ける印象のことを言います。色彩象徴は「緑を見ると森林を思い出し落ち着く」まど、ある色が具体的に何かと結びつき、連想されることです。色彩感情と色彩象徴を理解すれば、寝室に適した色が見えてくるでしょう。

寝室に適したカラー

熟睡するためには、眠る前気持ちを落ち着ける必要があります。そのため、寝室の壁や別途シーツは刺激が強い色は避けるべきです。気持ちを落ち着かせる青、茶、緑のアースカラーをベースとして、寝室の色を考えてください。鎮静作用がある青は眠りに入りやすい色です。また、自然の土に近い茶色は、気持ちをのんびりとリラックスさせてくれる効果があります。リラックスカラーと呼ばれる緑は、副交感神経に働きかけ、興奮を抑えてくれるでしょう。さらに筋肉や骨を作る力を増し、血圧を下げる効果が期待できます。「寝ている間は何も見えないから、寝室の色が何色でも関係ない」そう考える人もいるはずです。実際眠る前に寝室で目にする色は、眠りに入るまでの時間や睡眠中の神経の働きに影響を受けています。睡眠直前目に入る色が青の場合、副交感神経が働いてスムーズに、睡眠モードへ入りやすいです。赤色の場合、緊張を司る交感神経が活発になり緊張が強くなってしまいます。緊張状態のままでは、質のいい睡眠がとれません。人は、リラックスして体温が下がると眠気を感じるからです。安眠を第一とするなら、掛け布団や枕カバー、カーテンやカーペットを青系の色で統一しましょう。家具類は木目調、ベージュなど茶系でまとめるのがおすすめです。茶系、ベージュだと睡眠ホルモンと呼ばれる、セロトニンの分泌を促す効果があります。

寝室の色は少なめに

寝室の色はなるべく一つの色で統一してください。部屋が何色もの色で構成されると、気持ちが落ち着きません。眠る前にリラックスしないと、質の良い睡眠はとれないです。できるだけ1つの部屋は、3色以内でコーディネートするようにしましょう。天井や床、壁を白や茶色、残りの一部は差し色として青、緑を使えば緊張状態にならず、安眠しやすくなりますよ。視覚から入る情報は、五感から得る情報量の8割を占めるといわれています。そう考えれば、色は人の心理状態に大きく影響することは納得できるはずです。特に寝室の色は毎日の睡眠、健康や仕事の効率に大きくかかわります。寝ることは一日の疲れをいやすだけではありません。免疫力を高め病気を治したりする上でも重要となります。紹介した寝室カラーコーディネートを活かし、色をうまく使った寝室でリラックスした時間を過ごし、生活を向上させませんか。

Copyright© パーソナルカラーで変わる日常生活 All Rights Reserved.