セックスカラーを極めよう

色は心理状態に大きく作用します。性欲にも深い影響を及ぼすといわれている「セックスカラー」を効果的に使いこなしてみませんか?

色の持つ心理作用は、性欲にも大きな影響を与えているそうです。時代劇などでは遊郭の建物や部屋の調度品に赤が多く使われていたりしますよね。興奮させたい、魅惑的に感じさせたいときには、赤系の色を使うことが多いようで、刺激が欲しいときや、セックスレスの解消に向いているセックスカラーと呼ばれている色があるそうです。セックスカラーと呼ばれている色は、赤、ピンク、紫で、それぞれに作用がありますので、インテリアや小物、パジャマ、下着類などに使うと良いでしょう。

<赤は最強のセックスカラー>

下半身に元気がなく、性欲が減退していると感じたら、赤色を活用しましょう。赤は、五感(嗅覚・視覚・聴覚・触覚・味覚)をつかさどっている「感覚神経」を刺激する色で、催淫効果にも優れています。

インドのヨーガでも、生殖器の部分は第一のエネルギーポイントとされていて、対応する色は赤とされています。生命力あふれる赤は、交感神経を刺激して精力を活性化してくれるため、セックスカラーのシンボルでもあり、もしバイアグラ等の勃起不全薬をお使いの方なら、その効果をさらに高めてくれる色ともいえるでしょう。

<ピンクで幸福度をアップ>

セックスカラーの中で、赤よりも柔らかく、女性の好む色がピンクです。ピンク色は脳を刺激し、女性ホルモンの分泌を促してくれるため、若返りの色といわれています。美容・血行促進・精神安定を促し、滑らかな肌にしてくれるため、触れたくなる衝動に駆られることでしょう。また、幸福度を上げてくれるため、お互いの性感度を良くしてくれる作用もあります。

<女性の欲求を引き出したいなら紫を>

牛が赤色を見ると興奮するといわれているように、脳科学の観点からみると、女性にとって「性的に興奮しやすい色」が「紫」だそうです。

紫は、交感神経と副交感神経の両方を刺激する色のため、「心が揺れる状態」をつくるといわれているのだそうです。つまり、性的な欲求を引き出しやすく、「セックスをしてもいいかな」という気分にしてくれる作用があるそうです。

寝室の照明器具や、カバーやシーツのリネン類、カーテンなどに、あまりどぎつくない紫を上手に取り入れてみましょう。女性は性欲を刺激され、あなたの誘いに乗ってくれることでしょう。

性欲減退の色にはご注意を

性欲がアップする色があれば、逆も然り。性欲を減退させる色は、黄色、緑、青などだそうです。

黄色には、集中力を散漫にさせる効果があるために、落ち着けなくなるそうです。せっかくセックスを始めたのに、集中出来ずに性欲も感応度も低下してしまう・・・ということになりがちです。

セックスカラーとして最悪とされている色は、青系統の寒色系の色だそうです。青系統の色には、副交感神経を刺激する作用があるため、性欲(性的興奮)まで鎮めてしまいます。リラックスできる安眠には向いていますが、性感を高めるには逆効果だそうです。

青を基調とした寝室にしてしまうと、パートナーを誘っても断られてしまうことになり、セックスレス対策としても向いていません。

このように、性欲と色には密接な関係があるのだそうです。セックスライフにおいても、色のもつ効果を存分に発揮できるよう、工夫してみましょう。

Copyright© パーソナルカラーで変わる日常生活 All Rights Reserved.