虹にまつわる色の話

みなさんは「虹の色は何色ですか?」という質問をされたら、「赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の7色」と答えるでしょう。当たり前のように定着しているレインボーカラーですが、実は、普遍的なものではないのだそうです。

国別の虹の色

このように7~2色と捉え方に大きな差があります。
7色:日本、韓国、オランダなど
6色:イギリス、アメリカ(学術的には7色だが民間では6色とされている)など
5色:フランス、ドイツ、中国、メキシコなど
4色:東南アジア、イスラム教圏など
3色:アフリカ、台湾、モンゴルなど
2色:沖縄、ペルーなど

その国の文化によって、色の捉え方の観念が違うので、このような変化があるそうです。7色になった説は、イギリスの科学者が太陽光をプリズムに当てた時、そこから出る光が、7色に分解されて見えたことから、虹の色は7色と定義されるようになったのだそうです。それが日本でも広まったのだそうです。

古来日本では5色だった

現代の日本では7色で定着していますが、古来では、虹の色は5色とされていたのだそうです。なぜなら、青と緑の区別が曖昧で、はっきりとした境目がなかったのだそうです。色相環のグラデーションを想像してみてください。青と緑は隣同士のために、大きなくくりで見れば、同一視できたのでしょう。今日の日本語にもその名残を見ることができます。みずみずしい色合いの植物の葉を表現するのに、「青々とした」と使いますよね。また、信号の色もそうです。「青信号」というのに、実際の色は緑色です。 また、青と藍色も同じ系統の色に属しますから、結果的に、青、緑、藍が一つになり「青色」として数られることで、5色ということになります。

確かに、気象条件などによっても、肉眼で見える色はいつも7色とは限りません。そもそも、光の反射によって見えるものが「色」なので、このような違いがあるのも当然のことでしょう。

Copyright© パーソナルカラーで変わる日常生活 All Rights Reserved.