ピンクは愛と女性らしさを象徴する

ピンクは恋愛や幸せ、思いやりなど女性らしさを連想させる色です。本質的な愛の象徴であり、恋愛に夢中なときや幸福感を感じたり、愛や幸せを求めているときにピンクを好きになるそうです。人は自分が愛されるために、人を愛そうとする傾向が強くあります。しかし愛の本質は自分を愛することです。自分の心が満たされたら、愛は自然と外に溢れ本当の愛を引き寄せます。

ピンクが好きな人の性格傾向

ピンクを好む人は、心優しく親切で世話好きが多いようです。愛情に満ち溢れているため、友人や家族の相談に乗ったり、困ったとき親身になって助けになってくれます。人の感情を組んでくれるので、繊細な人とも言えるでしょう。繊細であるため傷つきやすく、くよくよしてしまう傾向があります。人の言葉や感情を考えすぎるゆえに傷ついてしまうのです。ピンクが好きな人はつらいことや苦しいことから逃げがちのため、現実と向き合える強い心を持つようにしたいですね。恋愛面においては、心優しいロマンチストの傾向にあります。人から愛されること、優しくされたい願望が強いです。他社への優しさを持っていますが、自分も守られたいと強く願っています。恋をするとピンクが気になるのは、そういった願望が引き寄せられているのでしょう。ピンクは情熱の赤、清純の白を混ぜ合わせできる色です。そのため好みのピンクの濃さによりどちらかの傾向が反映されます。濃いピンクが好きな人は赤に近いため、ピンクの特徴に加え行動力や実行力があり、何事にも情熱をもって取り組める人です。逆に薄いピンクが好きな人は白に近い色なので、人の心を汲める力が強く気配りができ上品な振る舞いができる人が多いです。

ピンクがもたらす効果

幸せを象徴するピンクには、幸せな気持ちや優しい気持ちになる効果があります。心が穏やかになりいらだちも落ち着くので、アメリカの刑務所では壁や床をピンクにし、服装もピンクに統一しています。その結果アメリカでの再犯率が下がったそうです。争いごとを回避させる効果もあるため、目標に向かって勢いがつきすぎ、周囲に対する思いやりが欠けてしまうときや、相手に対して攻撃的になってしまう時にはピンクを取り入れてみるといいでしょう。そうすると、優しい気持ちで周りを見渡すことができるようになります。ピンクはリラックス効果もあるため、リビングなどにピンクの小物をおくとリラックスできて気持ちよく眠れます。ピンクはいいこともたくさんありますが、過度にあると不快感を与えてしまうのでほどほどにしましょう。またピンクは愛情が欲しくなったり、ロマンチックな気分を促してくれます。そのため彼女と過ごす寝室などはピンクを取り入れた寝具などを取り入れることがおすすめです。特にパステルピンクを含んだものを使うと、寝室に温かい雰囲気が出て同時に性欲を高めてくれます。とはいっても寝具などがピンクでない場合もあるため、その場合は簡単に別の色には代えられませんよね。その場合はバイアグラ等のED治療薬を対策として用意するのも1つの手です。男性としてのパフォーマンスを発揮する意味でもあって損はありません。

ピンクをうまく取り入れれば、適度にリラックスすることができます。ぜひ生活に取り入れてみましょう。

Copyright© パーソナルカラーで変わる日常生活 All Rights Reserved.