自分に合うパーソナルカラーの見つけ方

普段洋服など買い物をするとき自分に合う色を意識して選んで買っていますか。自分に合ったパーソナルカラーを選ぶポイントは自分の肌や瞳、唇の色で決まります。皆さんが服を買うとき無意識にこの服は似合う、似合わないと感じて購入するはずです。このとき自分が持つ色と相性が良くない色を選ぶと、顔色が悪く見えてしまったり、肌がくすんで見えてしまいます。人は第一印象の約9割を視覚で判断しています。そのため視覚情報の色というのは、絶大な効果を発揮するため重要です。

色のことを理解しよう

パーソナルカラーを知る前に、まず色のことを簡単に説明していきます。色は色相、明度、彩度の3つに分けられます。色相とは色の根本的な部分を表しており、赤や黄、青といった大まかな色を指します。次に明度は色の明るさを決める部分です。同じ色でも明るさや暗さが違えば、色の印象は違って見えるはずです。最後の明度は色の鮮やかさを表しています。この彩度は簡単に言うと、色が濃いか薄いかです。色相や彩度は難しいためざっくり分かっていれば問題ありません。大事なのは自分に合うカラーを理解することです。自分に合ったパーソナルカラーを見つけるポイントは、寒色=青や暖色=赤では決めません。寒色=冷たいイメージ、暖色=温かいイメージという風に捉え判断してください。

自分のパーソナルカラーを判断する方法

自分のパーソナルカラーを見分けるのに一番わかりやすいのは、肌の色です。何もしてない肌の状態を確認して、肌の色が温かいか冷たいイメージなのか確認します。温かいイメージは黄色系やオークル系の肌、冷たいイメージなら肌が白いピンク系です。それでもわからない場合、手を10秒ほど強く握り開いてください。黄色系かピンク系なのかすぐわかります。この時気を付けてほしいのは、色白だからといって寒色系ではなくあったかいのか冷たいイメージなのかで判断をしましょう。次に瞳の色を確認してください。日本人の大半は黒か茶色のどちらかに分類されるはずです。黒が多いなら冷たい感じのため寒色系になり、逆に茶色が多いと暖色系に判断されます。何となくあたたかいのか冷たい印象なのかで決めて大丈夫です。最後は唇の色で判断しましょう。唇がピンク系なら寒色系で冷たいイメージになり、暖かいイメージがするなら暖色系になります。

ここまでわかれば自分が寒色系か暖色系かわかるはずです。パーソナルカラーは元々自分が生まれ持つ色なので3つのポイントがほぼ同じ方向に傾くなら、どれか1つでも理解できれば問題ありません。そんなパーソナルカラーですが、無意識に自分のパーソナルカラーを認識しています。何となく洋服を買うとき、これは似合うけどあれは自分に合わないなと判断しているはずです。無意識で自分の合うのか合わないかを判断しているそれが自分のパーソナルカラーになります。

パーソナルカラーで自分をよりよく見せよう

温かいイメージなのか冷たいイメージなのかわかれば、もう自分のパーソナルカラーを見つけられたはずです。パーソナルカラーが分からないなら、ぜひ自分に合う色を見つけましょう。見つけることで相手により良い印象を与えられるため、自分の好感度が上がります。パーソナルカラーを取り入れ自分の魅力をあげ、よりよい生活を送りましょう。

Copyright© パーソナルカラーで変わる日常生活 All Rights Reserved.