色という字のひみつ

「色=いろ」という言葉と文字は、一般的には私たちの日常を取りまいている色彩のことをいうことが多いです。また、私たちの気持ち(心理状態)や行動を表現する言葉としても色彩は多用されています。しかし、性的な事柄に関係するものに対しては、「色」という文字が使われているだけで、青や赤といった固有に指定された色彩を指してはいません。この違いは何でしょうか。

古代史にみられる色の使いかた

「いろ」とは、本来は血のつながりを表す言葉でした。古代では親しみや愛情を込めて、兄を「いろせ」、姉を「いろね」、恋する人を「いろも」と呼んでいたそうです。それが次第に、男女の交遊に関してや、相手女性の美しさを褒め称える表現も込められるようになっていったのだそうです。さらには、美しいものを意味する言葉にもなり、それが色彩と合わせて表現されるようになったのだとか。

色とはセックスのこと

漢字の「色」という文字は、上と下で別の意味を持った文字が合わさってできたものだそうです。上の「ク」は人を意味し、下の「巴」は、人がひざまずいている姿を意味するのだそうです。つまり、「ひざまずいた人を、もう一人の人が後ろから抱く形で交わること」を意味しているのだとか。これは、性行為そのものを表現している文字だったということになります。だからこそ、「色欲」、「色仕掛け」「色遊」、「好色」、「色恋」などの性的なものに係わる言葉には「色」という文字が付いてきていたのですね。

また、植物の果実が熟成していくにつれて、緑色から赤や黄色の暖色系に変わっていくことを「色づく」といいますが、これもセックスによる絶頂を迎えると、血流が良くなり肌に赤みがさすことからきているともいわれているのだそうです。

を表す言葉は、古代の中国では「采」(さい)といったのだそうです。「采」とは、木の実を採取する意味の言葉で、それが「彩」に通じ「色」を意味するようになったという説があります。

私たち日本人の色彩感覚の繊細さは、こういった感情表現を意味する言葉がベースになって形成されているのかもしれませんね。

Copyright© パーソナルカラーで変わる日常生活 All Rights Reserved.