次世代クールビューティー 水原希子さんのパーソナルカラーを使ったメイク術

クールでエキゾチックな雰囲気が魅力の水原希子さん。アメリカ人と韓国人のハーフなだけあって、透明感のある白い肌が素敵ですよね。彼女は真っ赤な口紅やつややかな黒髪など、主張の強い色がとてもよく似合う、個性派美人でもあります。

派手な色を使ったメイクをする場合、自分に合ったパーソナルカラーや、正しいメイク方法を知らないと、失敗しておばけのような仕上がりになってしまう危険性もありますよね。水原さんのメイク術をお手本に、周囲の目をハッと引くような存在感を引き出せる方法を学んでいきましょう。

自分の瞳の色を生かすアイメイク

水原さんは、茶色がかっていて薄い瞳の持ち主です。このようなタイプの人は、あまり目元のメイクを頑張り過ぎないほうが、元々持っている綺麗な目の色を引き立たせることができます。

アイラインは、リキッドのものを使いましょう。目の下にラインは引かず、目の上のみ、線がくっきりと出るように引いています。目の際や、まつ毛の間までしっかりと引くことで、きれいなラインになりますよ。さらに、アイラインの最後を目尻から2、3ミリ長く残すと、切れ長な目を作れます。
次はアイシャドーです。色は、グレーブラウンのものを使います。弧を描くように、アイホール全体にグルっとシャドーを広げ、目の下にもシャドーを使ってぼかしながらラインを引けば、深みのある目元が完成します。

水原さんの眉メイクは、ある程度しっかりと描かれていますよね。このような太めの眉を作るなら、全体的に短めに、少し斜め上へ上がり気味に眉を描いたあと、パウダーをのせましょう。パウダーの色は、髪と同じ色か、若干薄めの色でOKです。鼻を高く見せたい人は、ノーズシャドーで目元から鼻の両脇にかけて、鼻筋も入れましょう。

鮮やかな赤で魅惑的な口元を作る

水原さんのチークには、レッド系が使われています。ブラシを使い、頬骨からこめかみへかけてうっすらとチークを入れることで、不自然になることなく、落ち着いた雰囲気に仕上がるでしょう。

水原さんの特徴といってもいい、ふっくらとしてセクシーな唇の色は、チークで使った色と同系色のものを使っています。鮮やかな赤のリップを唇全体に塗ったあと、グロスを唇の中央部分にのみのせます。そうすることで、鮮やかな赤色でもテカりすぎず、厚ぼったくなりすぎない綺麗な唇が出来上がります。グロスを使わない場合は、口角にリップペンシルなどで輪郭だけ描いてあれば、リップを唇にのせて指で簡単に伸ばすだけ、というのもアリです。それだけでも、ナチュラルできれいな唇を作れますよ。以上で、水原希子さんのシンプルながら、存在感のある水原さんのメイクが完成です。

パーソナルカラーを知ることで、自分のもともと持っている素材を生かしながらも、メリハリのある印象を作ることができます。彼女のようなクールビューティー系のモダンなメイクは、女性をさらに色っぽく、小悪魔っぽく魅せられて、男性ウケもとてもいいんです。水原さんのメイクを参考に、周りに差をつける、攻めのメイクにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

参考サイト:水原希子のメイク方法は?

Copyright© パーソナルカラーで変わる日常生活 All Rights Reserved.