フォーシーズンのタイプ別診断

パーソナルカラーは、4つの季節のイメージで分けることができます。同じ色でも、明るさや色みの違いで似合う色と似合わない色があるのは、このトーンの違いによるものです。

「パーソナルカラー」は、春夏秋冬の4つの季節に分類することができます。それぞれのタイプのカラーチャートの中の色を組み合わせることで、配色の仕方にも差をつけられますし、全体のバランスも統一することができるので、覚えておくと便利です。

スプリングタイプの特徴

スプリングタイプの男性は、いつも快活でエネルギッシュ。表情豊かな人が多いようです。明るいアイボリーホワイトのシャツに黄色のネクタイがおすすめです。黄色はコミュニケーションカラーと呼ばれているので、会話も弾むことでしょう。

特に、顔まわりにはライトな色を選びましょう。暗くて濁った色、青みが強い色を身につけてしまうと、元気のない人に見えてしまいがちです。かっちりしすぎない、明るくて軽やかさを意識して、清潔感を演出しましょう。

サマータイプの特徴

サマータイプの男性は、包容力を感じさせるタイプが多いようです。女性が「ずっと側にいてほしい」と思ってしまうような人が多いのが特徴。知的なブルー系を上手に着こなすでしょう。ソフトな色を選ぶことで、デキる男を演出しましょう。 品のあるコーディネートを意識し、くずし過ぎないほうが良いでしょう。

ブルーベースが合うため、暗い色や、鮮やかすぎる色、黄みの強い色を身につけると、顔色が悪く見えてしまいがちです。

オータムタイプの特徴

オータムタイプの男性は、落ち着いた深い色の瞳のせいか、大人の雰囲気を持った都会的な人が多いようです。女性が悩み事を思わず相談したくなってしまうような、頼りがいのある男性像を醸し出すには、シックなコーディネートを意識しましょう。

少しくすんだ白い色のシャツに、瞳の色と同じチョコレートブラウンのネクタイを合わせるとよいでしょう。鮮やかな原色は身体の色に馴染みません。深みのある渋い色、黄みのある色を選ぶことで華やかに見せることができるでしょう。

ウィンタータイプの特徴

ウィンタータイプの男性は、女性が「この人についていきたい」と思わせるような、頼りがいのある人が多いようです。シャープでスピード感のある印象を感じさせるタイプです。真っ白なシャツに、ダークネイビーのスーツがよく似合うでしょう。

淡い色や濁った色、黄色みの強い色を身につけると、暗い寂しげな印象になってしまいます。青みのあるクリアな色が似合いますので、甘くなりすぎない華やかなコーディネートがおすすめです。

これらのタイプ別の色を基準にして、小物やデザインを工夫することで、あなたらしさを表現することができるでしょう。

Copyright© パーソナルカラーで変わる日常生活 All Rights Reserved.