色がもたらす効果はどのようなものがある?

パーソナルカラーは自分を魅力的に見せてくれますが、そもそも色は見る人にどのような効果をもたらすのでしょうか。自分をよりよく見せたり、相手のこころを動かすこともできるので知っておけばきっと役立つでしょう。

自分に対するイメージが変わる

「黒い服を着れば細く見え、白いものを着れば太って見える」と多くの人がご存じでしょう。それ以外にも自分が着ている服の色が暖色か寒色か、または明るさとあざやかさの度合いで相手の自分に対するイメージを変えられます。
明るくあざやかであれば陽気に感じられますね。言い替えれば派手な印象を与えてしまうでしょう。逆に暗くくすんでいる色なら陰湿で地味に感じられます。また暗い色は重く明るい色は軽いイメージに、強い色は固く弱い色はやわらかいくと、明るさの違いで違った印象を与えるでしょう。
また暖色や寒色にも分けられます。赤、オレンジ、黄色などは温厚に、青、紫、緑などの寒色はクールに感じられます。個々の色にもイメージがあり、赤は華やかさ、青はさわやかさ、黄色はかわいらしさ、オレンジは明るさ、緑は平等さ、紫は高級さや品…などをもたらします。

パーソナルカラーを使うときは色の明るさとあざやかさやカラーのイメージを重視して選べば、相手の自分に対する印象をよくすることができるでしょう。ただオータムタイプの場合は暗くくすんだ色が多いので、すべて揃えてしまうと地味でさみしげなイメージを与えかねません。

そのようなときはトップスに明るめの色を使い、パーソナルカラーを顔周りのストールやボトムスなどに持ってきましょう。このようにすれば自分にぴったりでありながら、明るいイメージに仕上げられます。

相手のこころを動かせる

個々の色にはそれぞれ人のこころや感情に影響を与えます。カラーセラピーという、色を使った心理療法があるほど、色には影響力があるものです。自分が着ているもので人を癒したり、やる気をアップさせられるほど。色の力はそれほど威力の強いものと言えるでしょう。
赤は情熱をもたらしたり行動力をアップし、青は冷静さや成功、黄色は幸福感や希望を、緑はやすらぎを、オレンジは活気を、紫は癒しをもたらします。逆に赤は攻撃的、青は孤独…などのネガティブな感情をもたらすものでもあるので、上手に使いましょう。
たとえばもし攻撃的で苦手な相手と会うときに青い服を着て行けば、こころを鎮め感情的なことを言われずに済むかもしれません。色はこころに働きかけるので上手に使うようにするといいでしょう。

このように色は自分にも相手にも働きかけます。自分をよく見せるため、快適に生活するために、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

Copyright© パーソナルカラーで変わる日常生活 All Rights Reserved.