思うようにパーソナルカラーを取り入れられないときの対処法

パーソナルカラーが自分の好みと合わない、流行色ではなかった、そもそも似合わない…このような方もいるでしょう。似合うはずの色が似あわないのはショックですね。また流行に敏感な方はトレンド色を取り入れたいと思うでしょうし、自分の好きな色がいいと言う人もいるはずです。ではどのように利用すればいいのでしょうか。

あまりパーソナルカラーにこだわりすぎずにまずは似合うアイテムを

「あれもこれもパーソナルカラーに」とこだわりすぎると逆にファッションの幅を狭めてしまいセンスが悪く見えてします。色だけで印象が決まるわけではありません。同じ色でも形や素材でイメージが変わってきます。個々のアイテムをどのように取り入れるかがとても重要なのです。

その証拠にパーソナルカラーを取り入れても「あれ?ちょっとヘン?」と思うことがあります。それはコーデのしかたが悪いからです。なで肩の人がタートルネックやTシャツをそのまま着てしまえばよけい貧弱な体型に見えてしまいますね。足の太い人がスキニーパンツを穿いても窮屈そうで、とてもファッション上手に見えません。

パーソナルカラー云々の前に自分に合う形や素材のアイテムを取り入れていないから似合わないのです。まずは洋服選びでは形や素材も重視しましょう。実際に当ててみたり、試着するのが確実な方法ですよ。さらにそれを踏まえたうえで全体の色の配分に気を配るのが上手な活用法です。

顔周りにパーソナルカラーを持って来る

パーソナルカラーの一番の活かし方はどれだけ顔周りに持ってこられるかです。まずは流行色や好みの色をトップスに持ってきましょう。これでトレンドや好みを押さえて自由に好きな色のアイテムを取り入れられます。

そこへ顔周りにパーソナルカラーを使いましょう。たとえばストールやマフラーに取り入れるようにすれば、自分の顔立ちや瞳、髪、肌の色に合うようにファッションが決まります。また自由に好きなアイテムを取り入れられるところが魅力でしょう。

またボトムスにもパーソナルカラーを持ってきます。これで顔周りと下半身の色が統一されるのでバランスのいい配色になり、ファッションの大部分を自分に似合う色で占められます。上半身でほどよく流行や好みの色を使っているので、自分を満足させながらぴったりのファッションを楽しめますよ。

二番目のパーソナルカラーを診断するのも手

パーソナルカラーの次に似合う色も実はあるのです。これをファッションに取り入れれば、より似合う色が増えてファッションの幅を拡げられるでしょう。これを見つけ出すのには自分で色の勉強しなければわかりません。もし手軽に知りたいのならパーソナルカラリストの力を借りるのがてっとり早い方法ですよ。

パーソナルカラーも活かし方次第で生きたり死んだりします。せっかく活用するのにもったいないですよね。ポイントを踏まえて流行や好きな服を取り入れて似合うファッションを楽しみましょう。

Copyright© パーソナルカラーで変わる日常生活 All Rights Reserved.