企業ロゴの色彩から見えること

私たちが普段生活をする中で、ありとあらゆるお店のロゴマークを街中でたくさん見かけると思います。皆さんが無意識のうちに目に入るロゴマークに、色彩心理を利用した企業戦略が隠されていることは知っていますか。企業のロゴマークに使われる色は、企業のイメージのみで決めていると思うかもしれませんが、その色には企業の狙いも隠されているのです。
世界で多くの企業ロゴカラーに使用されている青
世界で多くの企業がロゴマークに青色を基調としている会社は多数あり、有名企業のロゴカラーとして最も多く使用されているそうです。では青はどのようなイメージと心理に作用しているのでしょうか。青から連想されるのはクール、清潔、知的、冷静、信頼などが浮かびます。心理的作用としては興奮を抑え、冷静にさせてくれる効果があります。青は涼しさや爽やかさ、知性や冷静を感じさせる色です。企業ロゴを青にすることにより企業対応が冷静で正確さ、的確さを想像させる狙いがあります。また青は最も高感度が高い色の1つなので、万人受けする色なのです。青を使う企業としてはビジネスとして誠実さ、信頼してほしいといったことを求めています。ちゃんとした会社であることをアピールするため、青を使っていると考えられます。なお青を最も使っている業界は、IT企業や銀行に多くあるといわれています。
購買意欲や食欲を向上させるなら赤
世界で多く使われている色として青と並び、赤を基調としたロゴカラーも多く存在します。赤は人にどのようなイメージ、心理的効果を与えているのでしょうか。赤色は明るい、元気、活発などプラスイメージが強く、目立つ色なのでインパクトを与えたい場合も行こうに使えます。心理的効果としてアドレナリンを分泌し興奮を促したり、目を引き関心を引かせ、食欲を増進させ時間経過を早く感じさせます。赤は情熱や派手さを感じさせる色です。企業ロゴに赤を使用する企業は、レストランやファストフードなど食のサービスを提供する会社に多く見られます。ファストフード店はリラックスし長時間滞在されると困ってしまいます。時間経過を早く感じさせ客の回転率アップを狙うと同時に、食欲を増進する効果もあるため購買数アップに繋がるのです。赤を使う理由としては、会社のイメージを元気、パワフル、強く主張するなど前向きに攻めるという企業の狙いもあります。
安心とリラックスする効果を狙うなら緑
緑は人にどのようなイメージや心理的効果を与えるのでしょう。緑色は自然や癒し、穏やかなど人に優しいイメージがあります。心理的効果としてはリラックス作用や心や体を癒してくれ、穏やかな気持ちさせてくれるのです。緑は安心感や安定、調和を感じさせる色です。木々の葉や草も連想させるので、デザインによってはエコロジーなイメージも強く感じます。そのため信頼を得るのが大事な銀行や、リラックスして過ごしてもらいたいスターバックスなど、緑の効果やイメージを利用し使っています。
このように企業のロゴマークは、企業のイメージや狙いを、色のイメージ心理効果を考慮してロゴカラーにしています。皆さんも普段何気なく目にする企業のロゴマーク、ただ何となく見るのではなく企業のロゴマークの色を分析し、企業の狙いなどを考察してみるのも面白いですよ。