女性の下着の色からわかるエッチ度

男性は女性の下着姿に興奮します。最初から脱いだ姿をみるよりも、下着姿から次第に脱いでいくのを見る方が、男性は興奮しやすいものです。女性とベッドインしたときには、相手の下着の色に注目すると、どんなセックスを望んでいるのかが分かります。「今日はセックスするかもしれない」と分かった上で選んだ下着ですので、相手に見られることを前提にしたものです。それだけに、願望がもろに現れているのです。ショーツの色を確認したら、何を望んでいるのか考えて性行為に及びましょう。

肌色なら、あまり大胆なことは期待していない!?

女性下着で一番多い色は肌色です。ヌードカラーとも呼ばれますが、普段使いの色です。下着姿になったときにヌードカラーを着ていれば、「特別な日」という意識がないことがわかります。普段通りにセックスする、という姿勢でいますので、燃えあがることは難しいかも知れません。没個性的な色を選んでいるということは、セックスに期待感を持っていない可能性があります。これまでの性体験があまり楽しいものではなく、性行為そのものにいいイメージを持っていないのかもしれません。そのため、濃厚な性行為によって新たな発見をさせられる可能性もあります。

彼女が赤い下着を着ていれば、「燃えたい」という証です。情熱的で積極的な女性が身につけますので、新しいことに対するチャレンジ精神も旺盛です。恥ずかしいこともためらわずに試したがるタイプが多いので、大胆なセックスができるでしょう。ただ、精神的に安定していないケースもあります。行為の途中で急に冷めてしまって「帰る」などと言いだしてしまうこともあるかも知れません。

ピンクの下着は、ロマンチストの象徴です。相手に合わせるタイプが多く、甘えん坊です。性的には経験が浅く、穏やかで優しい人が多いので、手とり足とり教えてあげるという姿勢で臨むと良いでしょう。自分からリードすることはありませんので、こちらの希望を伝えることが大切です。一所懸命尽くしたいという気持ちの強いタイプですので、確実に答えてくれるはずです。

黒はガードは堅いけれども、燃えあがるとスゴイ!?

黒い下着をつけている人は中身は情熱的なのに、ガードは堅い人。個人主義的な生き方をしている人が多く、なかなか他人を寄せ付けないタイプが多いので、心を開かせるのに時間がかかります。黒の下着はそんなガードの象徴です。しかし、その下には情熱的な側面が隠されているので、脱がせてみると急に燃えあがることもあります。最も激しいセックスを好むタイプとも言えるでしょう。

白い下着をつけている人は、純真無垢なタイプ。真面目で固い人が多いですが、何物にもまだ染まっていないという良さもあります。相手の色に合わせていろんな色に染まるという面も持っています。

女性は下着の色でセックスの傾向が分かります。どんなショーツを身につけているかによって、その日の性行為の中身を考えると良いでしょう。

Copyright© パーソナルカラーで変わる日常生活 All Rights Reserved.