好きな色で恋愛傾向が分かる寒色編

自分が好きな色は性格や隠された本質、願望が見えてきます。様々なことが色からわかりますがその中には、意中の相手がどの色が好みかを知っていれば恋愛傾向や、アプローチする方法の対策の参考になるのです。今回は寒色が好きな人恋愛傾向や、最適のデートスポットを紹介します。皆さんもぜひチェックしてみてください。

青が好きな人の場合

青色が好きな人は恋愛に関しては堅実なタイプです。相手を分析して、将来一緒にいるべきかどうかも見極めています。恋愛において信頼を尊び、共感できる人を条件とし見栄を張る傾向があるため、標準より少し上のレベルを相手に求めています。保守派であるため、自分以外の考えを受け入れにくいところがあります。このタイプで注意すべきなのは、分析は得意だが自らの意見を主張できません。堅実でスマートでいたいという願望があるため、間違うことを嫌いつい慎重になってしまうのです。しかし時にストレートな言葉の方が、人の心に訴えかける力を持っています。一度素直な気持ちを相手に伝えるようにしましょう。青が好きな人とデートをするならば気軽にべたべたしたり、馴れ馴れしく接してはいけません。デートそのものをクールで落ち着いた雰囲気に仕立て上げ、スマートな態度で臨むようにしましょう。くだらない話や寒いギャグはもってのほかです。沈黙がデートを引き立たせるエッセンスであることを理解してください。

紫が好きな人の場合

紫を好む人はナルシストの傾向が強く、状況に酔いやすい方です。様々な状況がポジティブに働くのならば問題はありませんが、気分の浮き沈みはどんな人にもあるため避けられません。そんな時は悲観になり現実逃避をするのではなく、目の前の困難としっかり向き合い物事を解決することも大切です。上品で神秘的なオーラを持つため近寄りがたいイメージがありますが、他にはまねできない異性としての魅力があります。このタイプは相手を見る目に長けているため、自分が尊敬できる相手を選びます。お互いを受け入れられるのなら、充実した恋愛ができるでしょう。紫が好きな人は優雅で美しいものを好みます。デートに誘うなら神秘的な物や芸術にも造詣が深いので、プラネタリウムや絵の展覧会などの場所に行けば喜ばれるでしょう。審美眼もあるため、ファッションのコーディネートにはしっかりと気を配ってください。

緑が好きな場合

調和を重んじる緑が好きな人は、穏やかで一緒にいるとホッとする方が好みです。そのため恋人というより家族や兄弟に近い付き合いをする傾向があります。そんな態度に最初は不満を持つかもしれません。ですが結婚をすると家庭を大事にし、一番の安息の場所であるように努めてくれます。また家庭に対し気配りをするため、恋愛というよりは結婚向きのタイプと考えられます。緑が好きな人と付き合うなら、公園など落ち着いた場所がデートスポットとして最適です。高級レストランに行き堅苦しい雰囲気を強いるより、気分的にリラックスできる場所を好まれます。緑は心理効果として休息を与える意味合いがあるので、相手に安らぎを与えることが可能です。相手が好きな色をわかると、恋愛傾向が理解でき、好きな人と交流を深めたり、デートプランを考える参考にもなります。皆さんも意中の相手にアプローチする際は、事前に調べてみてはどうでしょうか。

Copyright© パーソナルカラーで変わる日常生活 All Rights Reserved.