流行のおフェロメイクから読み解く! 艶っぽいメイクの色使い

今若い女性に大人気のおフェロメイク。おしゃれでフェロモンが出ている女性には、どんな秘密が隠されているのでしょう。さまざまな視点でみることで、ポイントがわかるかもしれませせん。そんなブレイク中の「おフェロメイク」の秘密に迫ってみましょう。

おフェロメイクってなんだ?

そもそも「おフェロメイク」は、「おしゃれ×フェロモン」から作られた言葉。おしゃれさの中にも、さりげなくフェロモンを醸し出そうとする女性が使う、メイクテクニックです。今の女性は、「もてたい」というより、「色っぽくなりたい」という視点に代わってきています。

今人気の女優さんをみると、おフェロを前面に出すことで、爆発的人気を得たパターンもあります。代表的なのは、石原さとみさん。英会話を習い、自分磨きに余念がないだけではなく、そのファッションやメイクなどは、「おフェロ」のアイコン的存在。ただの色っぽい美しさだけではなく、自立感があるのも特徴なのですね。

メイクを使ったおフェロの出し方

具体的にメイクをつかって「おフェロ」を出していくにはどうすればよいでしょう。大切なのは、透明感。女の子らしさを前面に出しながら、健康的な血色を作りましょう。色っぽい「濡れ肌」を作る秘密は、保湿。化粧水に乳液、クリームが少ないとファンデーションを塗ったときにカサつきが出てしまいます。艶感を出すには、少なめのリキッドファンデにコンシーラーの二色使い!目の下のクマにオレンジ系、おでこや小鼻の横、口角にはベージュ系にすることで、顔に立体感が生まれ、おフェロオーラ全開です。

キメたい日はどうする?

「おフェロ女子」=雄(オス)ガールとも言えますね。雄ガールと言っても、決して男っぽくなるという意味でなく、自分を持ち、その姿勢が周りを虜にしている女性のこと。男性を尻に敷くのではなく、対等な関係であることも大切にします。彼女たちが意中の男子をゲットするために、あらゆる武器を使わない手はありません。もちろんデートのあとに、彼の家でお泊りなんて想定もアリでしょう。もし、彼をその気にさせるなら「おフェロ」は欠かせないアイテム。メイクで作り出された健康的なピンクの頬は、男性のヤル気を起こせるかもしれませんね。

彼女が家に来た時に大切なのは雰囲気づくり。どんなシチュエーションでも、彼女を満足させたいと思うのが男心。女性がその気でも、男性の準備が整っていなければ、デートの延長が台無しになりかねませんよね。女性が「おフェロ」で挑んでくるなら、男性としては絶対に外したくないところ。今日はなんとなく起たないかも…なんてことでは、せっかくの彼女との関係が微妙になることもあるかも。そんな方あらかじめ、信頼できる医師からED治療薬のバイアグラを処方してもらうというのも、ひとつの方法です。男性も「おフェロ女子」といつまでもラブラブでいたいなら、ちょっとした準備も大切です。

いかがでしたでしょうか?いま流行りの「おフェロ女子」は、草食化する男子を刺激するために生まれたのかもしれません。世の中に色っぽさと自立を両立した女性がどんどん増えることで、男性陣をどんどん引っ張ってくれそうで、頼もしい限りですね。

Copyright© パーソナルカラーで変わる日常生活 All Rights Reserved.